おはようございます
こんにちは
こんばんは。

今回は私の大好きな趣味であります、
『テニスについて』ちょっと書かせていただければと思います。

えっとねぇ本当に過酷なスポーツなんですね、テニスって。

スポーツの中では個人競技にジャンル分けされるテニスですが、
最近では錦織圭選手を始め、たくさんの日本人選手が活躍されていますよね。

錦織選手はご存知だと思いますが。

他にも国枝選手、奈良くるみ選手、
土居美咲選手、添田選手、伊藤選手、
ダニエル太郎選手、西岡選手、上地選手、
大坂選手。

もっとたくさんいらっしゃるのですが、名前を忘れてしまいました
失礼しました。

と、本当にたくさんの日本人選手が活躍されてるわけですよ。

しかもみんな普通にガンガン勝ち進んでいくからまたすごい。

普通に本戦出場の選手もたくさんいて、
本来であれば世界ランキングが低い選手は
予選からかなりの試合を勝ち進んで(6試合とか)
やっとこさ本戦に進んでいけるわけですね。

で、本戦出場のシード選手とかと、へとへとな体で戦って
勝ち進んでいかないといけないという、地獄のような状態、なわけです。

それでもそこからまたかっていかないと
ランキングは上がっていかないわけですが、
それを成し遂げてくれているのが現在の日本人選手、というわけです。

そしてその数の多さたるや。

ホントにすさまじいですよね。

ちなみにテニスは基本的に休みがないです。

どういうことかと言いますと、プロ選手たちは毎週のレベルで
世界各地で行われる大会に出場しているわけですね。

世界各地をとびまわっているんです。

時差とか疲労とかさまざまな条件や環境に適応させながら。

ホントに過酷なスポーツです。

有名な大会、テニスでは4大大会というものがあるわけですが。

ウィンブルドン
全豪オープン
全仏オープン
全米オープン

などですね。

年末にはツアーファイナルと言って
世界ランキング上位8位までの選手だけが出れる試合があったりします。

ですぐに、年始から試合がある。

まるで拷問ですね汗。

それに出続ける選手は本当にタフだし、
日本人女性では杉山愛さんが連続出場記録で
ギネスに載ってるみたいですね。

すさまじい。

テニス以外にもいろいろ仕事はあるだろうし、
ちょっと休めばがくんと下がってしまうランキングと
常に隣り合わせで、かつ個人種目で過酷を究めるなぁと。

もちろん、コーチやスタッフ陣営を合わせると
数十名になるわけですが、それでも過酷だなぁと
毎回試合を見ながら感じているので
ちょいと記事にしてみました。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

投稿者プロフィール

筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ、食事、睡眠!このビッグ3の徹底で体は確実に変わります!そのあとにサプリですね。まずはこの3つ。徹底してお伝えするので、ぜひ見てください!てやんでいっ!!