おはようございますSです。

息が白くなりすぎてビビった昨晩でしたが
よく考えればもう来週から11月なので
完全にクリスマスな感じになってきますよね。

イオンは11月からクリスマスツリーが出るらしいですし汗

さてさて、今回は筋トレという感じではなく、
いやそれにもまして大切なストレッチについてです。

161007-245_tp_v

具体的な方法というよりは、
気を付けることや種類について軽くお話ししていきたいと思います。

ではよろしくお願いいたします。

ストレッチはお風呂上りにするのが一般的かと思うので、
まずやったことない場合はそこからやっていきましょう。

で、ちょっと込み入った話をさせて頂きますと
ストレッチには2つの種類があります。

それが

ダイナミックストレッチ
スタティ(ッ)クスストレッチというものです。

ダイナミックストレッチは動的ストレッチとも呼ばれていて、
大きな動作を行うことで筋肉を伸ばして関節可動域を広げます。

一般的にイメージされているのはこのダイナミクスではなくて、
スタティクスストレッチ、ですね。

今回はこちらについて書いていきます。
といっても普段やるストレッチのことです笑

スタティックストレッチ(静的)は伸ばしたら保持するのに対し、
ダイナミックストレッチは動きを伴うことで伸ばしていきます。

↑これだと思います。

で、まずは風呂上りにグーッと伸ばしてやっていこうって感じです。

テニス選手の世界ランキング1位のノバクジョコビッチさんは
柔軟性がかなりあるわけですが、
ダイナミックストレッチをよくされています。

いや、もちろんスタティクスもされているんでしょうけど、
『僕はダイナミックストレッチじゃないともう体が柔らかくならないんだ』
なんてことも言ってました。

まあそこまでを目指すわけでもないかと思うので、
まずはぐぐぐーっと伸ばしていきましょう。


で注意すべきポイントですが、
股関節であれ、前屈であれ、開脚であれ無理はしたらイケナイし、
呼吸法がかなり重要です。

大きく吸って大きく吐いて、で大丈夫ですが。

体を倒すタイミングで大きく息を吐きます。

で、15秒はその状態をキープしてみてください。
もちろん呼吸していいので、15秒間はキープ。

で、なぜ15秒間キープしないといけないのかというと、
むずかしい話は置いておいて、15秒間は体を守る機能があるらしく
約15秒後から体が柔らかくなる防御が無くなるので
そこからが勝負ということですね。

体はきついかと思いますが、
これを頭に入れておくだけで柔軟性は高まります。

自分で数えながら体を伸ばしていくのがイイですね。
大体20秒くらいがオススメです。

全ての部位ですね。前屈も股関節も開脚も。

痛いというのはやりすぎなので
耐えれる程度のいてて、でやっていきましょうw

2セット位ゆっくりできれば、毎日行うことで
確実に柔らかくなることは間違いないです。


肩こりとか腰痛とか、それらが軽くなることはもちろん
怪我する可能性も低くなっていきます。

体が硬いと久しぶりにやったスポーツとか
とっさの動きとかに対応できなくなって
ひどい筋肉痛が来たり、けがする可能性が高いです。

ましてや年々年を重ねていくのが人間なので
今まで通りに体が動かなくなってくるのも避けられないですよね。

毎日お風呂上りにちょこっとやるだけで良いのでお手頃だし
三日坊主の私でも全然大丈夫でしたよ笑

なので毎日お風呂上りの20秒からまずやっていきましょう。

そうすれば怪我しない強い体をキープして行く事ができますので。

では最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

投稿者プロフィール

筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ、食事、睡眠!このビッグ3の徹底で体は確実に変わります!そのあとにサプリですね。まずはこの3つ。徹底してお伝えするので、ぜひ見てください!てやんでいっ!!