メジャー

おはようございますこんにちはこんばんはSです!

よく耳にする色んなジャンルの都市伝説ですが、
当然ながら運動に関する都市伝説もあります。

一回は耳にしたことがあるかと思いますが、
「筋トレをすると身長が伸びなくなる」というものですね。

特に、成長期の筋トレが子供の成長を邪魔するというのが有名です。

実は、これはなんの根拠がないとされてるんですね。

ええ!!

というかむしろ、筋トレによって成長ホルモンが分泌されるので身長は伸びます。

もちろん、過度な筋トレは骨格の成長を阻害するので逆効果になりますが、
しっかりとしたルールを設けて筋トレや運動をする分には問題ありません。

また、驚くべきことに、成人してからも身長が伸びることが分かっています!

もちろんガンガンぐんぐん伸びまくるというわけではないですけどね笑い

でも現実に、成長期を過ぎた人が、
その後身長を伸ばした事例があります(後述)

今回は、身長を伸ばしたい方は必読の内容になっていますので
ぜひぜひ最後までご覧くださいね!

適切な負荷の筋トレで身長が伸びることが判明!成人後にも身長が伸びた、驚きの実例とは?

trainning

通常、筋トレをすると筋肉だけでなく、骨や関節にも負担をかけます。

そのため、成長期に筋トレをすると骨や関節の成長を妨げてしまい、
身長が伸びなくなってしまうという考え方が支配的です。

実際色々な個所が筋トレしてたら痛くなったりしますしね。

確か、私の学生時代の部活の先輩もこう言っていました。
「筋トレすると、身長伸びなくなるよ。ほどほどにしたら」。
みたいな感じでそう脅かされたのです。

心配になって、ほどほどにセーブした覚えがあります。

しかし、最新の研究によって、この通説が覆されたのんですね。
「適切な負荷の筋力トレーニングは、むしろ身長を伸ばす」
このような研究結果が、次々に報告されるようになったのです。


「そんなバカな話があるかよ!身体に負荷をかけてるのに伸びるのかよ!」

私も、これらのレポートを初めて読んだときは、反発してしまいました。

通常、筋トレをすると成長ホルモンが分泌されます。

だいたいトレーニング開始から15分後に分泌されて、
筋肉を成長させたり、骨格を発達させる効果をもたらすんですね。

通説では、筋トレによる成長ホルモンの恩恵よりも、
その負荷による骨格へのダメージの方が大きいと考えられていました。
そのため、運動についてのネガティブなコメントが支配的になりました。

スポンサーリンク


しかし、トレーニングの負荷を適切に調整すれば話は別です。
自重トレーニングのような”ほどほど”のトレーニングの場合は、
骨格や関節へのダメージはさして気にするほどではありません。

むしろ、成長ホルモン分泌の恩恵の方が大きいのです。
そのため、成長期であっても、むしろ身長が伸びるというのです。

私が子供だった頃とは、まったく見解が異なります。
現代のスポーツ科学ではこのような考えが多数派なのです。


ただし!!絶対に休養時間は取って下さいね!

運動以外では、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。

だいたい夜10時から深夜2時までに豊富に分泌されると言われており、
この時間帯に筋肉や骨格などの体の成長が進みます(「寝る子は育つ」)。

↑睡眠のゴールデンタイム、なんて聞いたことがあるかと思うですね。

ただ、できれば12時半までに寝る方がよくて、分泌にも時間がかかるので、
2時に寝ればいいというわけではなくてむしろ遅いわけです。

ということで。


したがって、ジュニアスポーツや小・中学校でのクラブ活動も問題ありません。
ダンベルやバーベルを持ち上げるようなトレーニングはしてはいけませんが、
部活で腕立てをしたり、スクワットをするぐらいでは害はありません。

むしろ、成長ホルモンが分泌されて、身体の発達をうながします。
特にスクワットが成長ホルモンを効率的に分泌させることが分かっています。

やはりスクワットは最重要と言えますね!

(参考記事:筋トレで下半身に筋肉をつけると太らない!短期間ダイエットの成功法則


これは人体で最も大きな筋肉を鍛えているからで、
バスケ部やバレー部では必須の筋力トレーニングですね。

バスケットボールやバレーボール選手が高身長なのは、
「大腿部を重点的に鍛えている」ことも理由の1つと考えられています。

ふともも、そしておしりですね。


さて、ここまでは成長期の少年少女の話でした。
大人が筋トレをして身長を伸ばすことは可能なのでしょうか?

「成人した人間が筋トレしても身長は伸びるわけないだろう!」

私もずっと、そう思っていました!

しかし、驚くべきことに、成人後も身長が伸びるという研究もあります。
もちろん、すでに成人している場合は骨格の基礎が出来上がっています。

そのため、グングン伸びるのは難しいですが、
成長しないわけではありません。

相撲

具体例をあげましょう!
意外に知られていませんが、力士は成人後も身長が伸びる職業です。

力士は、早朝に起床して、激しい朝稽古を行います。
この稽古が激しく、かなりの筋力トレーニングになっています。
あの巨大な脂肪の下には、かなりの筋肉が眠っているのです。

稽古後、皆さんご存知の「ちゃんこ鍋」をたっぷり食べます。
朝食と昼食も兼ねているので、とてつもない量なのですが、
食後はグッスリと昼寝を取ります。休養もしっかり取るのです。

つまり、

力士の生活には「トレーニング」「食事」「休養」の3本柱が組み込まれており、
成長ホルモンを最大限分泌させる習慣があるのです。

霊長類最強かなと私は勝手に思っています笑

そのため、横綱白鵬は15歳の入門時は175cmの身長だったのに、
16歳で180cm,、17歳で185cm、20歳で190cm、20歳で192cm、その後27歳でも192cm!!

驚嘆すべき成長ですね。
相撲界には、このような例がゴロゴロあったりするわけです。


まあでも私たちが相撲部屋のような生活を送るのは困難ですよね汗

しかし、定期的なトレーニングをして、休養をしっかり摂ることは心がけ次第で可能です。
劇的には伸びませんが、試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

身長を伸ばすためのトレーニングのルール

背筋

負荷を適切な範囲に調整することが鉄則です。
成長期の方は、ダンベルやバーベルなどの器具は使わないで下さい。
自重トレーニングで十分です。それ以上は求めてはいけません。

また、成長期の筋トレは、全身をまんべんなく行いましょう。
特定の部位だけを鍛えると、そこだけにダメージが集中してしまいます。
骨格の成長がいびつなものになってしまうので一点集中は絶対にNGです。

成人している場合は、骨や関節を痛めない程度の負荷に設定します。

具体的には「自分の限界の少し上」程度で、翌日の筋肉痛が激痛になる場合は重すぎです。
関節痛が出る場合は、完全にアウトの重量です。

こんな感じで自分の体がどこまで行っても大丈夫で
どこまで行ったらアウトなのかを理解していくわけですね!

自分の体のことがわかっていくのは
本当に楽しいですよね!ガンガンやっていきましょう!

まとめ

1.過度な負荷のトレーニングは骨や関節にダメージを与える。
 特に、成長期の場合は、身長が伸びなくなる恐れがある。

2.ただし、適切な負荷のトレーニングの場合のダメージは問題なし。
 むしろ、成長ホルモンが分泌するので、骨格の成長を促してくる。
 そのため、むしろ身長が伸びるので、筋トレは歓迎されるべきである。

3.ただし、前述のように過度な負荷は禁物で、
 成長期にダンベルやバーベルを使用したトレーニングをする必要はない。
 自重トレーニングで十分である。

4.成人後も、限界はあるが、身長が伸びた実例がある(相撲部屋の例)。
 これはトレーニングの豊富な睡眠が成長ホルモンの分泌を助けるため。



以上、筋トレと成長ホルモンについての新常識について紹介しました。
私が子供の頃は「筋トレし過ぎると身長が伸びない」が主流だったので、
『時代も変わったな』という印象です。

スポーツの常識は時代によって変わっていくので、
どこかで勉強して、頭を作り直さないといけませんね。
お互い勉強をして、知識を充実させていきましょう。

では最後までご覧いただきましてありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

投稿者プロフィール

筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ大好き自宅トレーニーS
筋トレ、食事、睡眠!このビッグ3の徹底で体は確実に変わります!そのあとにサプリですね。まずはこの3つ。徹底してお伝えするので、ぜひ見てください!てやんでいっ!!