カフェインで筋トレ効果が倍増!?コーヒーでダイエット!

2018年9月28日

コーヒー

[br num=”1″]
筋トレやダイエットを頑張る!と心に決めた私たちは
色んなことに気を配っていかないといけないですよね?
 

その中でもやはり気を配らないといけないのは飲み物、食べ物です。
 

今回は飲み物について、です!
[br num=”1″]
例えばトレーニング効果を高めるために、
いろいろな飲み物を試しているトレーニー&ダイエッターもいらっしゃるでしょう。

今回は、コーヒーがいかに私たちの筋トレを助けてくれるのか、
その効果の数々を紹介します!

『こ、こーひー??なんか体にいいのは聞いたことあるけど
 筋トレにも役に立つの!?』

そうなんですね、ええそうなんです。

「飲むだけで」で、身体がトレーニング体質に変身するので、
一度知ったら、その恩恵を手放すことは出来なくなりますよ!

なのでしっかり知識を蓄えて
一緒にやっていきましょう!!!

普段、熱心にトレーニングをしているけれども、
より筋力を高めたり、ダイエット効果を高めたいあなたのための
コーヒーパワーを紹介します。

筋トレを効果的にする!効果を実感する7つの方法

 

スポンサーリンク

カフェインが筋トレをサポートする3つの理由

trainning

 

ではカフェインと筋トレ、
ダイエットの関係について
詳しく見て行きます。

結構いいことだらけなので、ぜひポイント抑えて
有効活用していただければと思います!

最大筋力の増加

まず、筆頭にあげられるのが、最大筋力の増加です。

コーヒーに含まれるカフェインは神経系を興奮させて、
筋肉の収縮機能を強化します!
[br num=”1″]
そのため、最大筋力を発揮しやすくなるので、
自分の限界に挑戦しやすくなります。

火事場の馬鹿力が出やすくなるのです。
いつも追込みで負けてしまうトレーニーの方の
強い味方になってくれるわけです!

僕もベンチプレスやスクワット、特にスクワットですね、
うげえええきついいい、となってからの踏ん張りが変わってきます。

プラスで3回、これを可能にしてくれるわけですよ!
もうだめだ、という状態からあと3回やるのがかなりお勧めで、
筋肉も成長しやすくなるんですね、かなり。
[br num=”1″]
余談ですけど、人生すべて出そうですよね笑

もうだめだ、からもうひと踏ん張りできる人間が
しっかり結果を残していく、そんな気がしております、はい。
[br num=”1″]
また、細かい話をしますと追込みという点で心強いのは、
カフェインによる血管の収縮効果です。
 

スポンサーリンク

頭痛予防

トレーニーが恐れるものに「労作性頭痛」があります。

別名「重量挙げ頭痛」と呼ばれるもので、重いものを持ち上げることで血圧が急上昇したり、
血液の流れが良くなり、脳の血管が拡張した結果、周辺の神経が圧迫されます。

私も経験がありますが、
これはかなりしんどいですよ。

ずーんと頭が痛くなったりします。
[br num=”1″]
その結果、激痛が走るので、筋肉に追込みをかけるのが怖くなることもあります。

そのため、事前にロキソニンなどの頭痛薬を飲んでいるトレーニーの方もいますが、
事前にコーヒーを飲むことで頭痛を予防することが出来るのです。
[br num=”1″]
その他にも筋肉痛を予防する効果もあります。

カフェインがアデノシンという痛みに関係する物質の働きを弱めるというのです。
簡単に言うと「痛み止め」になるのですね。

スポンサーリンク

筋肉痛を和らげる

もちろん、カフェインは何日も体内に残るものではありません。
そのため、翌日の筋肉痛に対しては効果が期待できません。

カフェインは1日400ミリグラムくらいに抑えておきましょう
いや、できれば300以内にしたいところです、
睡眠に支障が出やすくなります。

カフェイン

しかし、
運動中の筋肉痛を和らげる効果は十分にあるので、
ハードなトレーニングを手助けしてくれます。

前述のとおり、ダンベルやバーベルの重量をアップした日は、
トレーニング中に筋肉に痛みが走ることがありますが、
カフェイン効果によって、追込みをかけられるわけですね。
[br num=”1″]
このようにコーヒーに含まれるカフェインは、あなたの筋トレを手助けしてくれるのです!

最大筋力を高め、労作性頭痛を予防して、
トレーニング中の筋肉痛を和らげます。
その結果、普段より追込みをかけやすくなるのですね。

スポンサーリンク

カフェインが脂肪燃焼をサポート

danbel

 

実はコーヒーにはダイエット効果があります!

『お、おい、コーヒー最強じゃないですか!?』

そうなんですね。
 

あ、でもできればブラックコーヒーにしてくださいね。
[br num=”1″]
運動前に飲むことで、身体を脂肪燃焼モードに変えることが出来るのです。
しかも、筋トレ時だけではなく、有酸素運動でも同様の効果が得られます。

筋トレにおいては、使用するエネルギー源が変わります。

本来、筋トレで消費されるエネルギー源は、
筋肉内に貯蓄されているグリコーゲンです。

しかし、筋トレ前にカフェインを摂取すると、
グリコーゲンの代わりに脂肪が多く使われやすくなります。

糖質ではなくしっかり脂肪を使って、
筋肉を動かしてくれるようになるのですね!
[br num=”1″]
また、同様の効果が有酸素運動でも確認されています。
通常、有酸素運動では運動開始20分後から脂肪燃焼が始まると言われています。

活性酸素と運動の関係。活性酸素を減らす筋トレ方法

 
なので、
ランニング、ウォーキングは時間も地味に重要ということですね!
距離よりも時間をよく見ていく必要があるということ。

血中のグリコーゲンをエネルギーとして消費するのですが、
それが枯渇すると、脂肪をエネルギー源として
消費するようになるのです。
 

しかし、コーヒーには「リパーゼ」と呼ばれる酵素が含まれているので、
このリパーゼは、脂肪の分解を促進して、脂肪を血中へと追い出します!
[br num=”1″]
その結果、本来であれば、グリコーゲンの枯渇を待たなくてはいけないのに、
いきなり脂肪をエネルギー源として消費してくれるのです。

 
当然、トータルでの脂肪燃焼効率は
コーヒーを飲んだ場合の方がアップします。

コーヒーやべぇ・・・と思ってきましたよね笑
まさにそうなんですね。
[br num=”1″]
このように事前にコーヒーを飲むだけで、
いきなり脂肪燃焼モードで運動をスタート出来るのです。

コーヒーのカロリーは100gあたり4.1kcalですから、
ダイエット中の方でも気軽に飲めますね。

⇒ 筋トレで下半身に筋肉をつけると太らない!短期間ダイエットの成功法則

スポンサーリンク

ダイエット効果を高めるためのコーヒーの飲み方

coffee

 

・ホットで飲む。
・インスタントではなく、できればドリップ。
・一度に飲む量は2杯まで。

 

減量目的でコーヒーを飲む場合は、
アイスではなくホットが理想的です。

カフェインが元気に働くには、低温ではなく高温が理想的な環境だからです。
また、身体を冷やすと血流が悪くなり、脂肪燃焼のスイッチが入りづらくなります。

基本的に体に入れるものとしては
冷たいものは避けた方がイイです。

冷え性の場合も足を温めて、温かい飲み物や
冷たい性質のある飲み物を避ければ基本的に治ります。

水、牛乳、コーヒー、これらすべて性質の異なる飲み物なので、
ちょいと調べてみてくださいね。紅茶もなかなか良い飲み物です。

[br num=”1″]
また、可能であれば、ドリップでコーヒーを淹れましょう!
150mlあたりの(マグカップ1杯分)のカフェイン含有量は、
インスタント65mg、ドリップ100mgとなっています(上の図参照!)

やはり、なるべく多くカフェインを摂取したいところですから、
労力やお金はかかりますが、どうしてもドリップが望ましいのです。

ただし、人間が一度に吸収できるカフェイン量は200mgです。
一般的には150ml(マグカップ一杯分)のカフェインの含有量は100mg前後。
そのため、2杯も飲めば十分なので、ガブ飲みする必要はありません。

飲み過ぎは注意です!

スポンサーリンク

まとめ

1.コーヒーは筋トレ効果を高める。カフェインによって最大筋力が発揮しやすくなり、労作性頭痛が予防され、トレーニング中の筋肉痛が予防される!

2.事前にコーヒーを飲むことで運動の脂肪燃焼効率が高まる。筋トレ、有酸素運動における消費エネルギーがグリコーゲンから脂肪に切り替わる!

3.筋力アップとダイエット効果を狙うには、コーヒーはホットで飲むべき。
インスタントではなく、ドリップで飲む方がより多くカフェインが摂取できる。ただし、ガブ飲みは禁物で、一度に2杯も飲めば十分である!
[br num=”1″]
 
以上、コーヒーが筋トレ効果を高める理由について紹介させて頂きました。
筆者はジムに行く前、通り道にある定食屋で夕飯を取っていましたが、
お店のセルフサービスでコーヒーがあるので、そこでカフェインを補充していました。

最近は、ジム内の自動販売機にドリップ式のコーヒーが飲めるので、
トレーニング前に一息つくのもアリですね!

飲むだけで効果が高まるのですから、トレーニングへのやる気につながりますね。
ぜひ、コーヒーパワーを利用して、理想の身体を手に入れて下さい。

では最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回の記事でお会いしましょう!