初めてのスポーツジムでの服装って?女性や男性の服装まとめ

どうも!Sです!

「スポーツジムに行くときってどういう服装で行けばいいの?」

スポーツジムに行きづらい理由の1つとして
どういった服装で行けばいいのかわからない。」
という悩みを持っている人は多いです。

こういった些細な悩みというのは人に相談しにくいし、

え??そんなことで悩んでるの?服装なんか動きやすいのでいいじゃん。

と言われてしまいそうで聞くに聞けない、
ということもあるかと思います。

ということで今回はスポーツジムの服装にまつわる話しを
ガッツリ書いていこうと思います!

スポンサーリンク

初めてのスポーツジムでの服装とは?

初めてスポーツジムに通う時に必要な服装についてご紹介していきます。

と悩みの種になってしまうのを防ぐために、ジム専用の気分が上がるウェアで
運動することをおすすめします!

ジムは体をリフレッシュさせて美しく且つ健康的になる素晴らしい場所です

そういった気持ちで、あなたの気分が上がるような色、好きなブランド、好きなシルエット、シューズなど選ばれるとワクワク楽しくジムに行くことができますよ!!

ジムデビューの服装

  • トップス、Tシャツ
  • ショートパンツ
  • 靴下、シューズ、インナー

基本のジムでの服装セットはこんな感じです。

そこまで深く考えすぎることもなく、動きやすい服装でシンプルな物でイメージしていただいて大丈夫です。

逆に色々気にしすぎてしまうと、服装選びで思い悩んでしまい、ジムになかなか行けないという状況に陥ってしまいますので注意してくださいね!

ということでジムでの服装選びのポイントを
より詳しく見ていきましょう!

スポーツジムで服装のポイント

では実際どういったものを選んでいけばいいのかということですが。

たくさんジムウェアがある中で抑えておいていただきたいポイントがあります。

トップス、パンツなどトレーニングウェアで大事なことを
コチラではご紹介していきます。

吸汗速乾性に優れたトレーニングウェアを

スポーツジムで筋トレをすると汗をかいたり少なからず汗ばむことがあります。

真冬であればダラダラと汗をかくことは少ないかもしれませんが、梅雨の時期から10月くらいまではやはり汗をかくことが増えます。

そんな時に、吸汗速乾性の低い重たいTシャツを着ていたり、長袖を着ていると汗をすってしまって重くなります。

ピタッとくっついてしまって着心地もかなり良くないですし、トレーニングに集中できなくなります。

また上手く発汗されなくなることもアリ、体調不良になるのでこれも注意です。

なのでスポーツジムでは吸汗速乾性に優れたものを選ばれるのがイイです。

ちなみに綿100%のTシャツが多く一般的ですが、吸汗性に優れているものの速乾性が低いです、乾きにくいんですね。

ジムの中で着る服装としてはあまり向いているとは言えませんのでスポーツメーカーが出している速乾性の高いTシャツがイイですね。

スポーツショップに行った際、探してみるのがイイです。

わからない場合は店員さんに、吸汗速乾性の高いTシャツについて聞いてみてください。汗を吸ってもすぐ乾くTシャツと聞くとすぐ答えてくれるはずです。

伸縮性のある動きやすい服装を

スクワットやランニング、レッグプレスなどスポーツジムでは体を大きく動かすことも多々あります。

ストレッチをする際にも足を開いたりするため普段しないような動きをすることも増えますので動きやすく伸縮性のあるストレッチの効いたトレーニングウェアを選ばれるといいですね!

一度気になり出すとかなり気になってしまってトレーニングに集中できなくなってしまいますので、しっかり伸縮性のあるものを選ばれてください。

また、オーバーサイズ過ぎるパンツやトップスを選んでしまうと伸縮性を感じられなくなりますので適度にフィットしたものがいいですね。

アンダーアーマーでも締め付けを選べたり他のスポーツメーカーでもフィッティングの良いTシャツがたくさん出ていますのでこういったものもおすすめです。

通気性の良いトレーニングウェアを

前述のとおり、真冬であれば汗をダラダラとかくことは少ないかもしれませんが、やはり運動すると体がほてることが予想されます。

なので通気性の良いトレーニングウェア、特にトップスを使用されるのがイイです。

通気性の悪い服、吸汗速乾性の悪い服を着ると体温調節のための汗を上手く外に出すことができなくなります。

汗は体の温度を下げるために出るわけですが、それが服から上手く出て行かず、溜まってしまうので体温調節がしづらくなり危険です。

ということで通気性に優れていて、トレーニング中にも快適な着心地が続くような、ウェアを選ばれることをおすすめします!

ユニクロでスポーツジムの服装をそろえる

とはいえ気楽にいけて、安くそろえたいと思うので、僕も大好きユニクロでもジムウェアをそろえれますよ!

  • Tシャツ980円
  • ハーフパンツ980円

まずは無難な黒を選べばいいと思いますよ、汗も見えないのでおすすめ。グレーとかは汗ばむとシミになるので注意です!

スポーツジムで使える靴とは

スポーツジムで使えるおすすめの靴、ですが、
こちらも軽くてランニングができるものがイイです。

タイプとしては

・底、ソールが平らな靴
・底が柔らかく曲がる靴

の2つに大まかですが分けることができます。

ソールが平らで薄く、固い靴、コンバースやバンズのようなものですが、こちらは体を安定させるのに効果的です。5000円程度で手に入るので比較的安いかなと思います。

例えばスクワットやレッグプレス、ベンチプレスやショルダープレスなど。

しっかりと足で地面を支えて体を安定させる種目、筋トレを行うのであれば、こういったソールが固い靴を選ばれるといいですね!

ソールが固く、平らなので重心がしっかり下がり、体を安定させてトレーニングができます。

安定しているとしっかり効かせたい部位に効かせることができますし、トレーニングも集中して行うことができますよ!

逆に、ソールが柔らかすぎる靴で体を支えることが必要な種目をすると体がぐらぐらしてしまうことがあります。

エアーが入っている靴などではスクワットで安定させるのが難しいのであまりおすすめができません。

こういったクッションが入っているソールが柔らかい靴はどちらかというと、ランニングやウォーキングなどに適しています。

歩いたり走ったりするときの衝撃をクッションややわらかいソールが吸収してくれますので、ジムに行ってそういったトレーニングをするのであれば柔らかいものを選んでみてください。

ランニングするときに固いソールの靴を選ぶとこれも負担になるので、数十分であれば大丈夫ですが、しっかり1時間ウォーキングやランニングをされるのであればあまりおすすめはできません。

ということで用途に合った靴を選ばれるといいです!

スポーツジムへ行くときの服装は?

スポーツジムに行く時の服装、ですが、これも気になる事があるかもしれません。

  • 会社帰り
  • 学校帰り
  • 仕事前
  • 休日
  • 子供のお迎えの前

などなど様々な生活リズムやパターンがあると思いますので、ご自身にあった服装で行かれるのがイイと思います。

自宅から直接スポーツジムへ行く場合

休日などこういったことが増えるかと思いますが、そこまでオシャレに気を使いすぎる必要もないかと思いますのでジムで使うスポーツウェアを着て、その上から軽いパーカーなどを羽織っていかれるくらいでいいかと思います。

スウェットや夏であればTシャツに短パンできている人もたくさんいらっしゃいます。

スポーツジムに行って、ロッカールームですぐに着替えるかと思いますのでそこまで気にしすぎることもないですしどんな服装か、とか誰かに合うことも少ないでしょう。

電車やバスに乗るので恥ずかしい、という場合は普段通りで私服を着て行かれる方がイイですね。

学校や会社などからスポーツジムへ行く場合

ジムに行くと分かりますが、特に夜はスーツや仕事帰りであろう人がたくさんいらっしゃいます。

なのでスポーツウェアは手提げなどに入れて普段通りそのままの格好で会社や勤務先からジムに行かれても全く問題ありません。

女性のスポーツジムでのおしゃれな服装


ここからは女性のスポーツジムでのおすすめの服装ということで
具体例をあげながらご紹介していきます。

あまり露出度の高い服装は苦手、
という場合のおすすめの服装も紹介して参りますね。

Tシャツ、ショートパンツ、レギンス

こちらはジムで今人気のスタイルと言えます。

上は半そでのTシャツ、レギンスとショートパンツで露出を抑えたスタイルです。女性らしく、かわいらしいけどもそこまで露出もなくオシャレで運動ができるのでおすすめです。

ショーツはナイキや大手スポーツブランドからもオシャレなものがたくさん出ていますので、そういったものとスポーツメーカーのレギンス2000円以内などで
組み合わせると安いし機能性も高く、オシャレなスタイルが完成します!

Tシャツ、ショートパンツ、レギンスなどで色を変えてみてもいいですし、
シンプルに色を統一するとクールでオシャレに変わります。

適度な締め付けのある、スポーツブランドのレギンスは足の動きをサポートしてくれますのでこちらもおすすめです。

また怪我をしてしまうことも可能性として
0ではないので足を守ってくれます。

擦り傷等で足に傷跡が残ることは避けて頂きたいので
こういった点からもおすすめなのがレギンスなんですね。

スポーツジムではスポーツブラ、スポーツショーツなどがおすすめ

スポーツジムでは体を大きく動かしたり、日常生活ではなかなか行わないであろう動きをすることがよくあります。

なので普段の服装や下着よりは
スポーツブラやスポーツショーツがおすすめなんですね。

その上からパーカーを羽織る人も多いですね!

どうしてもスポーツウェアやフィットネスウェアは生地が薄いものが多いですし、下着が透けたり、ショーツのラインが出てしまったりします、自分では気が付きにくいですしね。

そういったことを防ぐために、スポーツブラやスポーツショーツがおすすめ。

スポーツブラはトレーニングの時の胸の揺れを軽減します。それはつまり胸を支える、クーパー靭帯を守ってくれるということですね。胸の形をキープして崩れを防止してくれます。

なので毎日ジムに通わないのであれば1着ずつでも大丈夫なので、スポーツブラとスポーツショーツを検討されてみてくださいね!

 

ちなみに!友人曰くスポーツブラはワコールの物がイイらしいです。何よりサイズの豊富さがとびぬけて多いですね。

スポーツメーカーだとS~Lの3種類を中心に取り扱っている場合が多いですが
ワコールは15種類以上のサイズから選ぶことができ、自分に合ったフィットしたものを見つけることができます!

男性のスポーツジムでのおしゃれな服装

ではここからは男性のスポーツジムでのおすすめの服装についてご紹介していきます。

激しく筋トレをする男性ですが、まずマシンを使ったトレーニングはかなり汗をかきます。

ゆえに前述の吸汗速乾性の高いトレーニングウェアをオススメします。
通気性の良い、伸縮性も大切でしたね。

インナーにコンプレッションウェアを着ると筋肉の疲労軽減に繋がります。

僕が使っている物はアンダーアーマーの物で1着2000円とお買い得かなと思います。適度に締め付けるコンプレッションウェアの力を借りれば効率的にトレーニングができます。

Tシャツ、短パン(レギンス)


最もオーソドックスで運動がしやすいのが
このTシャツと短パンのスタイルですね。

ジムに行ってもこのスタイルの人が多数を占めています。

もちろん吸汗速乾性の高いものを選んで、
動きやすいものを選んでいきましょう!

コンプレッションTシャツ、短パン(レギンス)

加圧シャツまでとは言わないまでも適度に締め付けてくれるのが
このコンプレッションTシャツと呼ばれるものです。

アンダーアーマーなどが有名かと思いますが、
今では多くのスポーツメーカーから出ているのでオススメです。

吸汗速乾性にもかなり優れていて、
運動後も身体が冷えにくいためおすすめです。

こちらは僕が使っているアンダーアーマーのコンプレッションTシャツです。
価格はアウトレットで2000円程度でした。

紺色ともう1枚黒色を持ってます。
ピタッと張り付くようなそんな着心地ですが、
体の動きをサポートしてくれることが素人でもわかります。

スタイリッシュに着ることができるし、動きのサポートもしてくれるのでコチラも着ている人が目立ちます。

これに組み合わせて短パンですね。

ただ1つ弱点としては汗をかいた後ロッカールームで着替える際に脱ぎにくいというのがあります汗

加圧シャツは筋トレするときにどうなの?と聞かれることがありますが、普通に着ても問題ないし効果が高まります。締め付けが嫌な場合は無理に着る必要はないですね。

加圧シャツおすすめランキング、比較してみたトップ5発表!

もちろんシンプルなTシャツもあるといいですね。
こういったものですね。

スポーツジムでウェアはレンタルできるの?

これはできる場所が多いです。

有料になるケースが多いですが、シューズやタオルなども
レンタルできる場所はあります。

数百円で借りられるので忘れた時などはオススメです。

ですが、レンタルがないジムやシューズのみのレンタルなどスポーツジムによって様々でもあるので、こちらはジムに直接聞いていただいた方が確実かと思います。

長く通うジムになると思いますので自分の物を買って気分を上げてジムに行った方がイイですね!

スポンサーリンク

初めてのスポーツジムでの服装って?女性やメンズの服装まとめ

スポーツジムに行く時の服装についてまとめてきましたが
いかがでしたでしょうか?

服装のポイントだけ抑えれば、あとは何を選ぼうと自由ですね!
気分が上がってジムに行きたくなるような服装を選べば
しっかり継続してジム通いができると思いいます。

そうなってくれば筋トレや運動も好きになってくること間違いなしなので
理想の体を手に入れられるのも時間の問題です!

ということでここまでご覧いただき
ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう!
てやんでい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です