下半身の筋トレの効果がすごい!!自宅でもできるメニュー公開

2018年10月5日

おはようございますSです。
下半身の筋トレは家の土台のように大切で、
全ての基盤となります。しんどいけど苦笑
 

スクワットではかなり重量を扱えますが、
腕だけだと全然重りを増やせないですよね。

それくらい足は強力で一番大きい筋肉なんですね、
だから鍛えれば代謝が上がるし、ホルモンバランスも良くなります。

 

痩せやすくなるし、けがをすることも減っていく。
誰しもが欠かせない筋トレだと僕は思うんですね、しんどいけど苦笑

スポンサーリンク

下半身の筋トレ

しんどいからやりたくない汗
上半身のムキムキにあこがれて、
足はそこまで筋トレしていなかった。

男性はこういった人かなり多いですよね。
 

女性であれば
「いやいやいや。美脚にはなりたいですけど。
筋肉ついて太くなるのは嫌だし」

と思って今まで避けてませんでした?
 

例えばスクワットなどは体のコアを作るためにも
本当に大切な筋トレだし、女性であっても足が太くなるなんてことはそうありません。
 

100キロとかそれくらいの重さを持って
ガンガンガンガンやりまくれば太くなるでしょうが、
そんなことする女性は確実に足を太くしたい女性なので
まず大丈夫です、安心してください。

 
よって
下半身の筋力トレーニングって、かなり大事です

下半身の重要性について語りまくった記事はコチラです。
筋トレで下半身に筋肉をつけると太らない!短期間ダイエットの成功法則

では下半身の筋トレのメリットを徹底的に公開していきます。

スポンサーリンク

自宅でできる筋トレメニュー


 

では自宅でもできる筋トレのメニューについて、
紹介していきたいのですが。
 

「ジムに通うのは大変なので自宅でやりましょう!」
 

と言われても、実際家でやるのはなかなか大変ですよね、
継続するのはさらに大変になります。
 

なので

なぜその筋トレメニューがオススメなのか。
なぜ自宅でもできるのか。

というところをしっかり説明していきます。
 

ここを理解してもらえればしっかり納得して
継続させることができますので
続かないしもうやーめた。なんてことにははらないですからね!

 

自宅でやるべき筋トレは、スクワットです。
その他細かいものも下でご紹介しますが
まずはスクワットとその必要性、です。

下半身の筋トレメリット


 

ではなぜ大事なのか。僕も結構筋トレは嫌いでしたけど笑
でもでも、下半身は本当にメリットだらけで
大切なので筋トレが楽しくなってきました。

ということで、
下半身の筋トレをするメリットを見て行きましょう。

下半身の筋トレで基礎代謝が上がる

太ももには体の中で一番大きな筋肉があります。

この大きな足の筋肉を鍛えてさらに筋肉量が増えると、
ぐんぐん脂肪燃焼率も上がります。

 

腹筋をして、割ろうと考えている人もいますが、
腹筋をしながら、合わせてスクワットもした方がイイです。

腹筋自体はかなり小さな筋肉なので
動かしてもカロリー消費が少ないんですね。

 

しかも腹筋は脂肪やお肉に囲まれてて隠れているので
まずその脂肪をどかしてあげる必要もあります。

なのでカロリーを消費するのは大きな筋肉を動かしたときなので
下半身の大きな筋肉をスクワットなどで
動かしてあげるといいんですね。
 

カナリ効率的に腹筋を浮き上がらせることができます。
腹筋だけよりも!

腹筋を割るには?ジムで出来る効率の良い鍛え方とは!?

成長ホルモンの分泌が促進される

加えて、筋力トレーニングには成長ホルモンの分泌を促す作用があるのですが、
下半身の大きな筋肉をみっちり鍛えることで
より多くの成長ホルモンが分泌されます。
 

成長ホルモンは筋肉を修復するために
脳から分泌されるホルモンなので、キツーイ筋トレが必要。

 
でもキツーイ筋トレをこなした先には
成長ホルモンによる脂肪燃焼効果と若返り効果が期待できます!

 

スクワットが下半身の筋トレで最高

 
下半身のトレーニングの中では一番有名で、
一番やりたくない筋力トレーニングですね…

多くの人が嫌ってるのも事実です、僕は好きですが笑
 

なぜこんなにキツイのかと言いますと、
スクワットはおしり、太ももなどの下半身全体を
まんべんなく使う筋トレだからなんですね。
 

太ももだけではなく、ヒップアップにも効果的だと聞けば
女性もやらないわけにはまいりません。

ヒップアップ筋トレ。おすすめのトレーニングや体操の効果まとめ

筋肉の7割は下半身に集中していると言われるほどで、
それを鍛えていくのはなかなかつかれるというわけですね、
もちろんカロリーもシッカリ消費できます!

 

正しいスクワットのやり方は、こちら。

 

今回はタカイネさんです!カネキンさんはお休み笑

前かがみになってしまうやり方はNG。
つま先から膝が前に出ないような(実際は出ます)意識を持って、おしりを落とす。
背筋は伸ばして胸を張る。
 

でも実際はつま先は膝より前に出ても大丈夫です。
意識だけかかとに置いておく。

※参考記事⇒筋トレと言えば脚!!マシンを使えば正しいフォームで正確に鍛えれる!!

これがキツイんです。。

ハムストリングスとヒップにはこの筋トレ

haikin

ハムストリングスとは、モモの裏、です。
 

う、裏もも!?って、ももの裏?
そこを鍛えると何かいいことあるの?
 

ということですが、
美脚にもなるし、たくましい下半身を作ることができます。
 

デッドリフトあたりはかなりおすすめなので
ハムストリングをきたえる場合はぜひ実践してみてくださいね。

⇒ デッドリフトで背中もハムストリングも鍛えて一石二鳥!

 

ハムストリングの筋トレ方法

まずはどうやって鍛えるのか見てみてください。

 
「ヒップレイズのやり方」

ああ、裏ももってそこねー。
ハムストリングスという筋肉群は、これまた大きな筋肉と言えるのですが、
歩く、走る際のアクセルの役割をすると言われています。
 

人は意識しなければ歩幅も小さく、疲れない歩き方=筋力を抑えた歩き方になります。
そのようなほとんど使われていない筋肉を鍛えたら脚痩せ効果も大きいはず!!

ハムストリングスを強化する筋トレとは!?下半身強化の必須科目!!

筋トレ、内モモ

内もも

次は…内もも!?
太ももの筋肉と一言で言ってもいろいろありますね…
内ももは内転筋と呼ばれます。
 

内転筋が弱っていないか、チェックする簡単な方法があります。
それは、「椅子に座っている時に足が開いていないかどうか」。
 

自然に足が開いてしまっている人は内転筋が弱っている証拠。。
普段使われない筋肉を鍛えることは美脚への近道!

すぐにできる内ももの筋力トレーニングのやり方はこちらです。
「もじもじ運動」と呼んでいます。
 

 

椅子がない場所での筋力トレーニングにはこちらの動画を参考にしてみてください。
簡単そうに見えて、やってみると意外とキツイ。。

ふくらはぎの筋トレ方法

カーフ

男性ならガッツリとふくらはぎの筋肉があって、
足首がシュッとしているのは見栄えもいいですよね。

 

また、ほっそりしたふくらはぎも
女性の脚をキレイに見せるポイントですよね!
 

ふくらはぎの運動をすることが
全身の血行を良くするって、知ってましたか?

実はふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、
下半身でのポンプ役を果たしているんです。

小さな心臓がどんなに頑張っても、体の隅々の血管に血液を行き渡らせるのは大変。
 

そこで体は、ふくらはぎの筋肉を動かすことで
もう一度血液やリンパ液をポンプして送り出す仕組みになっているのです。
 

ふくらはぎを使わなくなっている人は、
冷え性やむくみなどの悩みを抱えている人が多いのです…

 

そんな重要なふくらはぎの筋肉を強化して、代謝UPをはかりましょう!

これは家では「どすこい運動」と呼んでいます。
そんなに足は開きませんけど…

 

 

 

スクワットの体勢から、かかとを上げる運動です。。
ツラーイ!!

でも下半身のいろんなところに効いてる感じがしますね!

スポンサーリンク

下半身の筋トレまとめ

下半身の筋力トレーニングが
こんなに大事だとは思ってなかったかもしれません。
 

思っていたとしてもしんどさのあまりやっていなかったかもしれませんが、
家で始めることもできますし、
本当に体のためになるエクササイズなので
ぜひ実践されてみてくださいね。

筋トレは自宅で初心者でもできる!自宅での筋トレを解説

 
・太ももは体で一番大きな筋肉なので、筋肉量の大幅増加が期待できる
・スクワットは下半身全体を使う筋トレなのでやるべき!
・普段使われない裏ももの筋肉をヒップレイズで鍛えよう
・内ももは椅子に座って行うもじもじ運動で鍛えられる
・どすこい運動でふくらはぎを鍛えると、全身の巡りが良くなる!

 

女性は男性ホルモンの量が少ないため、
筋トレをしてもゴリゴリの筋肉になることはありません。

全体の筋肉量を増やして脂肪を効率良く燃やすためには
下半身の筋力トレーニングは必須ですよ!

 

では最後までご覧いただきありがとうございました!
また次回の記事でお会いしましょう